• ホーム
  • タバコをラクに止めたいならチャンピックスです!

タバコをラクに止めたいならチャンピックスです!

2020年02月06日
タバコと煙

チャンピックスは、禁煙したい人のためにある飲み薬です。
喫煙者にとって肩身の狭い世の中で、喫煙する場所も少なくなっているため、禁煙を目指す人が増えています。
身体には害があり、費用も高いし出来ることならやめたいけど、決意しても中々やめることができないのがニコチン依存症です。

何度か禁煙にチャレンジしている人も、その度に失敗してまたタバコを始めてしまう人が多いです。
噛むタイプのものもタバコを吸いたいと思ったときにかみ始めて、頻繁に噛むようになると費用が高くかかり長く続かないケースも多いです。
そして更にタバコを吸いたい気持ちは増すばかりです。
パッチタイプのものもありますが、それもイライラが増してきて結局禁煙失敗です。
禁煙して健康に気を配るつもりが、今度はタバコを吸わないせいでイライラが増すばかりの何をしても悪循環ということが多いです。

そんな中禁煙外来での治療が有名になってきて、禁煙外来で処方される薬がチャンピックスです。
チャンピックスなら毎日服用するだけで、自然に禁煙に成功することができます。
成功の秘訣は禁煙した時に起こるイライラを抑えてくれる効果がとても大きいです。
このイライラさえなければ、成功できる確立はあがります。
そして薬を服用するだけで、あんなに吸いたいと思ったタバコを吸いたくなくなる効果があります。
チャンピックスを服用した状態でタバコを吸うと、以前のように美味しいと思うことができなくなります。

一説にはチャンピックスの禁煙成功率は92%という高い確率です。
別のデータでも86%という高確率で禁煙に成功しているため、何度も失敗している人でもチャンピックスなら大丈夫かもしれません。
チャンピックスを服用すればバレニクリンという主成分が、受容体に先回りして快楽をもたらすものと結合してくれます。
その状態でタバコを吸ってもすでに受容体が埋まっているため、快楽をもたらすために結合することができず、吸っても満足感がなく美味しく感じることがなくなります。

禁煙外来で行われている診察内容について

禁煙外来でニコチン依存症と認められれば、保険適用になります。
そのチェック項目と診察内容は「直ぐにでも禁煙したいと思っている」「たばこ依存症の問診表でニコチン依存症と診断できるのかどうか」「1日の喫煙本数に喫煙年数をかけた数が200以上である」「禁煙治療を受けることが同意できる」というのがチェック項目になります。

初診の時の問診は、治療法の説明やニコチン依存度や喫煙状況など確認します。
そして呼気一酸化炭素濃度の測定を行い、禁煙開始日や誓約書などへのサインをします。
そして、チャンピックスの服用方法などの説明を受けます。
およそ2週目で2回目の診察、呼気一酸化炭素濃度の測定、カウンセリングや禁煙状況などの確認を行います。

この診察を4週目、8週目と間隔をあけて禁煙を目指していきます。
診察内容や禁煙の勧め方、カウンセリングがきちんとしてくれるかなどは事前に確認してからどの病院で診察を受けるのかを決めて下さい。
またチャンピックスの服用方法はしっかりと医師の指示に従って、用法用量を守って服用するようにしましょう。

禁煙が成功すると味覚が元に戻り、食べる物が美味しく感じられるようになります。
痰や咳も少なくなり、自分の身体が健康になったと実感できるようになります。
タバコをやめれば肺がんなどの病気のリスクを減らすことができ、長生きすることができます。

またタバコを吸っている人は気づきにくいのですが、口臭も喫煙している人としていない人では違いがあります。
禁煙していない人が喫煙している人と会話すると、すぐにタバコを吸っているのかいないのかが分かります。
口臭もなくなり、身体も健康になることができる禁煙を是非チャンピックスで成功させましょう。

チャンピックスは通販することができるので、通院できない人は通販サイトを検索してみましょう。